1.9MHzも調整(白岡市移動)

先日の続きでアンテナの調整。
残りのバンド1.9MHzである。
いつもの岩槻区にて調整しました。

調整結果を先日の表とまとめて記載します。
短時間なので概略値。
アースはMAT-50を一枚
周波数ロッドアンテナ部長さSWR
50.4MHz6段80.0cm1.2
28.14MHz7段92.0cm1.8
24.9MHz2段+8.5cm38.5cm2.2
21.05MHz4段+9.0cm63.5cm2.2
18.050MHz(※)7段+6.0cm97.5cm2.0
14.06MHz5段+5.5cm72.5cm2.3
10.13MHz7段+3.0cm94.0cm2.4
7.01MHz6段+6.5cm85.5cm2.3
3.51MHz7段+4.0cm95.0cm
2.2
1.910MHz6段+4.0cm83.5cm
1.7
1.840MHz7段+4.0cm95.0cm
1.6
(※)18.0~18.1MHzでSWR2.0

11時という昼間の時間に1.9MHzで交信。相手にはかなりカスカスであった模様。

夕方、今度は交信実績のため白岡市移動運用
18MHzと7MHzでトータル24QSOでした。
試しに今まで使っていたWHIPと相手に聞いてもらい比較してみた。
18MHzは今まで使用していたWHIPのほうが◎との結果
7MHzは今まで使用していたWHIPのほうが○との結果。
ちなみにチューナーを併用しています。

それでも、今回導入したアンテナは以下の点で大きなメリットがある。
①1.8/1.9MHzにQRVできる
②コンパクトに収納できる

DSC_0054.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント