アマチュア衛星「ふじ」アワード

今日はこれ。
昨日のADXAと同時に郵送されてきたのであるが、もったいぶって本日の記事にしました。

アマチュア衛星を初めて聞いたのが、2005年7月。
当時はアマチュア衛星の情報は今のように豊富ではなく、一体交信に使えるのはどれかと言うのを探すのすら一苦労した時期であった。
今でこそ、衛星通信をやってみるかと思い立ち、その日のうちに交信出来ちゃったなんてことは稀で相手すら探す状態だった。

思い立ってからビーコン聴いて感動し、自分のLOOPが聞こえたときはそれこそ初めて無線を始めたときの1stQSO、あるいははじめて電信で交信した時のの”感動”、まさしく感動であった。そして、ビーコンを聴きまくり、自設備の癖を理解していきました。
当時は、アワードに熱心でない人が多かったが、ある時期からアワードにも”有効に”使えることから爆発的に人気が高まっていった。
それこそ爆発的に・・・

それから15年も経って、ようやくアマチュア衛星「ふじ」アワードを取得にこぎつけた。
今でこそ、1日で完成できるくらいサテライト人気が高まっています。

皆さんもサテライト通信を行ったという実績を残すために是非申請みてはいかがでしょうか。


ADXA

お次はこれ。
タイヤ交換の準備をしていたら、配達されてきた。

デザインが変更されるとのアナウンスがあったので、デザイン変更される前に申請。
eQSLで賄えるかなと思ったが、特記を完成させると紙QSLも必要だった。
21MHzか14MHzか18MHzにするか迷ったが、紙も必要ならば手間は一緒なので18MHzに決定。
WARCバンドはコンテストでは使用できないから純粋に通常交信で得られたものという(どーでもいい)拘り。

ホントはADXA-HALFをSatellite特記も申請しようと思ったが、1entity足りなかった。

JAMSAT五衛星交信賞

帰宅したら届いてました。
JAMSATの五衛星交信賞です。

昨年度末(2021年3月31日)で終了ということで滑り込み申請をした。
アマチュア局2局のGCRが必要で結構ハードルが高い。
ルールは5つのSatelliteを使用して5局、合計25局と交信するものである。
eQSLも有効ということで、すべてeQSLを使用した。

2局のうち1局はJAMSATの重鎮にお願いしてQSLカード所持証明をしてもらった。
おかげさまで無事発行されました。

WARC AWARD

帰宅したら、郵送されていた。
これはAJAやWASAと違い、ステッカー500円/枚でした。
不足分を納入しました。

まだまだ半分です。WARCバンドを頑張らねば!

JARL75周年記念アワード

JAMSATの五衛星交信賞の申請をきっかけにふと過去に取得したアワードが気になりました。
ごそごそと探してみると何枚か出てきたが、いつか整理しないとな。
JARLのアワードはB4判が多く、我が家のスキャナでは一度にスキャンできない。
右側と左側をスキャンして、「がっちゃんこ」してみました。
それがこのJARL75周年記念アワード。ハガキも一緒に保管してあったのですが、よく見るとシールになっています。
各部門ごとに達成するとシールを貼るものでした。
このときは珍しく全部門達成できたようです。どんなルールだったか覚えていないのですが・・・Hi。
【Blog】JARL_75th_Anniversary_Award.png

他のはCQ誌やJAIAの「無料」のアワードが多かった。

時が流れて、15年後。
JARL90周年記念アワードはこれ。こちらはA4版。

【Blog】JARL_90th_Anniversary_Award.png

次は100周年か・・・

シブチのお仕事(その18)

オール埼玉コンテスト審査会をWEB会議方式で実施した。
事前にコンテスト委員会からチェックする資料と分担表が配布されていた。

役員7人で500を上回る資料をチェックし、16時に完了。
予想以上に時間がかかり、順位を決めるところまでの予定が終了できなかった。

再度、コンテスト委員会から順位決定するための資料が配布され、順位決定のための精査を持ち帰りチェックということで本日の審査会終了。
参加された皆さん、お疲れ様でした。

その他、4月の技術講習会について議論し、詳細について詰めた。

いよいよ来年度行事が始まる・・・

関東UHFコンテスト

毎年2月11日は関東UHFコンテストです。
当初は参加各局にコールしてご挨拶ができればいいかくらいの感覚でしたが、結構真剣に参加しました。
6時間の開催時間なので、ちょうどいいようです。

結局、約250QSOできました。

終了後、コンテストログをメールで提出し、h-QSL処理をして今年の関東UHFコンテスト終了しました。
h-QSLは34枚の送信でした。
コンテスト中にも送られてきたり、皆さん結構素早いですね。

節分の翌日は立春

昨日の2021年2月2日は節分だった。
ん?あれ?節分って2月3日だったはず・・・

なんと今年は昨日2月2日が節分らしい。実に124年ぶり。
だから、大多数の人は節分=2月3日で正しいのである。

来年はまた2月3日に戻るらしいが、その後は4年ごとに2月2日になるらしい。
※ラジオを”ながら”で聞いていたので正確かどうかは微妙であり、こんなようなことになるらしい。

そして、本日2月3日は立春であり、暦の上では春である。

暦だけでなく、お空のコンディションも春に近づいていると考えられる。
自分の「なんちゃってアンテナ」ではまだまだ実感はわかないと思われるが、あと1か月もすれば実感できるかな。

オール埼玉コンテスト

本日、成人の日は毎年オール埼玉コンテストが開催されます。
規約はこちら
緊急事態宣言下、STAYHOMEでの参加を呼び掛けています。

私は自宅(埼玉県春日部市)から8J1JARL/1で出ます。チェックログ扱いですが・・・
QSLは1WayにてJARL Buroに送付いたします。
以上、2021年1月11日 7時00分に書き込みました。

初もうで

昨日のことですが、去年貰ったおふだをお返しに春日部八幡神社に初もうでに行ってきました。
新型コロナ感染症のこともあり、正月三が日は避けました。
「緊急事態宣言」発令中ですが、午前中ということもあり、人出はまばらでした。

他の人との接触は、おふだを貰うところですが、当然のことながらビニルのフィルムで遮断されていました。
いたるところでアルコール手指消毒液が設置されてありました。

今年は新型コロナ感染症が収束してもらいたいものです。

20210110_DSC_0229.jpg

遊んでます

むかし、むかし VoIPに興味を持ち BlueDV_NORA Interfaceを購入しました。
ずぅーっと、満足に電源も入れずそのままになっていました。
※これって立派な無線機なのでちゃんとコールサインも取って、電波利用料も収めています。
※加えてHF帯も免許されているので、JARL転送料も払っています。

出張に行くこともあり、通常スマホは携帯するので、これに加えて
ハンディ機ID-51plus2とInterfaceを持っていけば(写真を参照してください)、
モバイル通信(wi-fi)環境があればD-Starレピータに接続することができます。
ID-51plus2(JM1LRA)<=>430MHz/DV<=>Interface(JJx〇✕△)<---bluetooth--->スマホ<---wi-fi(Internet網)--->D-starレピータ
という形でD-Starレピータにアクセス(山掛け)できる不特定多数の局と交信ができます。
「<=>430MHz/DV<=>」の部分ってアマチュア無線なんです。たかがか数十cmしか離れてません。でも、アマチュア無線を利用しています。ここが私の(他の人にとってはどうでもいい(笑))拘りです。

これだ!
DSC_0180.JPG

このセットにスマホを加えれば、D-STARレピータにアクセスしている人とお話ができる。

【重要】
このシステム利用時に、お近くのレピータから私のコールサインが聞こえたときは「コールサイン」指定で応答してください。
CQ中に「コールサイン」指定で応答してくださいとアナウンスします。

シブチのお仕事(その17)

本日は関東地方本部会議でした。
ホントに寒かった・・・
電車で池袋まで行きましたが、休日の乗客は平日のものとは客層が全く違いますね。

地元出たときは何とかかさなしに駅まで行けましたが、池袋では傘がないと厳しい雨でした。

会場がいつもと違うので、少し迷ってしまった。
14時開始、16時終了。予定通りでした。


シブチのお仕事(その16)

コロナ感染症の第x波が押し寄せてきているため、リアル会議体を避けてZOOMを利用したWEB会議にしました。
30名くらいの会議になりました。

初めての試みということもあり、色々すったもんだしましたが、無事に終了させることができました。
参加した皆様、お疲れ様でした。

一方的にしゃべってしましましたが
会社の会議も主催者だけが一方的にしゃべるように、それに近いものがありました。
それでも最後に、各クラブから色々近況報告もあり充実した会議でした。

WEB会議というものは「慣れ」というものが多分にありますが、
今後も取り入れていきたいと思いますのでご理解・ご協力をお願いします。

なお、お聞き苦しい点もあったかと思いますが、何卒ご容赦ください。

Wires-Xで8J1RLと交信

ちょっと時間が経ってしまいましたが、先日南極昭和基地の8J1RL交信しました。
最近はVoIPに凝っていて、色々いじくってます。

そんな折、いつものようにWires-Xの「ALL JA CQ」ルームをワッチしていたところ、突然「8J1RL」がCQing。
ワッチというか接続しっぱなしだったんですが・・・

430MHz帯で南極と交信なんて夢みたいですね。
しかも、短波帯のように「599bk」スタイルではないので、短時間ではありますが会話も可能。

白夜になるのかぁ・・・時差は6時間なのかぁ・・・早朝からお疲れ様です。

その後もVoIP系のマナー、ブレーク時間を入れながら多くの局とQSOしていたようです。

久しぶりの感動のQSOができました。


シブチのお仕事(その15)

昨日の午後は春日部市の豊春第二公民館でJARL埼玉県支部のお仕事でした。
①役員・監査指導員・登録クラブ代表者会議の資料郵送準備&郵送
②感動交換訓練打合せ
③さいたまハムの集い打合せ
④ロールコール議論
etc

新型コロナウィルス対策しながらの会議でした。
「消毒・離隔・換気」
これから当たり前になっていくんでしょうね。

1.9MHzも調整(白岡市移動)

先日の続きでアンテナの調整。
残りのバンド1.9MHzである。
いつもの岩槻区にて調整しました。

調整結果を先日の表とまとめて記載します。
短時間なので概略値。
アースはMAT-50を一枚
周波数ロッドアンテナ部長さSWR
50.4MHz6段80.0cm1.2
28.14MHz7段92.0cm1.8
24.9MHz2段+8.5cm38.5cm2.2
21.05MHz4段+9.0cm63.5cm2.2
18.050MHz(※)7段+6.0cm97.5cm2.0
14.06MHz5段+5.5cm72.5cm2.3
10.13MHz7段+3.0cm94.0cm2.4
7.01MHz6段+6.5cm85.5cm2.3
3.51MHz7段+4.0cm95.0cm
2.2
1.910MHz6段+4.0cm83.5cm
1.7
1.840MHz7段+4.0cm95.0cm
1.6
(※)18.0~18.1MHzでSWR2.0

11時という昼間の時間に1.9MHzで交信。相手にはかなりカスカスであった模様。

夕方、今度は交信実績のため白岡市移動運用
18MHzと7MHzでトータル24QSOでした。
試しに今まで使っていたWHIPと相手に聞いてもらい比較してみた。
18MHzは今まで使用していたWHIPのほうが◎との結果
7MHzは今まで使用していたWHIPのほうが○との結果。
ちなみにチューナーを併用しています。

それでも、今回導入したアンテナは以下の点で大きなメリットがある。
①1.8/1.9MHzにQRVできる
②コンパクトに収納できる

DSC_0054.JPG

アンテナ調整

ひょんなことからアンテナを手に入れたので、夕方調整に行ってきた。
短時間なので概略値。
アースはMAT-50を一枚
周波数ロッドアンテナ部長さSWR
50.4MHz6段80.0cm1.2
28.14MHz7段92.0cm1.8
24.9MHz2段+8.5cm38.5cm2.2
21.05MHz4段+9.0cm63.5cm2.2
18.050MHz(※)7段+6.0cm97.5cm2.0
14.06MHz5段+5.5cm72.5cm2.3
10.13MHz7段+3.0cm94.0cm2.4
7.01MHz6段+6.5cm85.5cm2.3
3.51MHz7段+4.0cm95.0cm2.2
(※)18.0~18.1MHzでSWR2.0

DSC_0052.JPG

実際に無線運用しているわけではないので、実用レベルは不明です。
近いうちに実践投入してみたいです。

そもそもマグネットアースなので、アースが弱いかも。
チューナがないときついかなと言うのが感想です。

今後色々試してみないと何とも言えないです。
少なくとも1本でオールバンドにQRVできるのはとてもとても大きな魅力です。

(注)まだまだ追試験は必要ですし、数値はあくまでも自分の環境での値です。

静かに更新・・・

折角、作ったWanted Listなので、ひっそりと更新しました。
右側のサイドメニュー(かなり下のほう)でPDFファイルが見られます。

大量にWantedポイントあるのだけれど、なかなか巡り合えないですね。
交信日時は全く気にしていないので、焦げ付き/思い込み交信はたくさんあります。
なので、wkd(表では”〇”で表示)だとしてもcfmするまではコールしたいなと思います。

パソコンの画面にWanted Listを出しておいて、
バンドワッチして即Wantedがわかるのでこれが結構便利なことがわかった。
※今までは電子ログに入れて,Wantedが見ていたけど一瞬(一交信)の遅れがパイルになるので
いかに素早くWantedがどうかを見極めるのが大切。

設備がpoorなので,全部解決というわけではないのはどうしようもない。

Wanted Listスクリプト

追いかけもせず,Wanted List作成スクリプトを作って遊んでます。
メンテナンスしないのであまり公開はしていません。

JE4IVN局の力作「AJAPA5」の出力ファイルを利用します。
※この後,HAMLOGから直接出力されたファイルを利用しようとも考えてます。

①AJAPA5のメインメニュー[excelsheetの作成]⇒[cfm/wkdリストの作成]で
【AJAPA】ファイルを作成し,csv形式で保存します。

【AJAPA】ファイルの例
CODE,Q T H,IDX,エリア,1.9,3.5,7,10,14,18,21,24,28,50,144,430,1.2G,2.4G,5.6G,135k,10G,24G,47G,77G,SAT
0101 ,北海道札幌市 ,さ ,8,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
010101,札幌市中央区 ,ち ,8,,C,C,C,C,C,C,C,,C,,,,,,,,,,,C
010102,札幌市北区 ,き ,8,C,C,C,C,C,C,C,C,C,C,,,,,,,,,,,C
010103,札幌市東区 ,ひ ,8,C,C,C,C,C,C,C,C,C,C,,,,,,,,,,,C
< 中略 >
47004 ,沖縄県宮古郡 ,み ,6,,C,C,C,C,C,C,C,C,,,,,,,,,,,,C
47004E,沖縄県宮古郡多良間村 ,た ,6,,C,C,C,C,C,C,C,C,,,,,,,,,,,,C
47005 ,沖縄県八重山郡 ,や ,6,,,C,C,C,C,C,C,C,C,,,,,,,,,,,C
47005A,沖縄県八重山郡与那国町 ,よ ,6,,,C,C,C,C,C,C,C,C,,,,,,,,,,,C
47005B,沖縄県八重山郡竹富町 ,た ,6,,,C,C,C,C,C,C,C,,,,,,,,,,,,C

②【AJAPA】ファイルをスクリプト【AJAPA_wanted】と同じフォルダに入れ、【AJAPA_wanted】を実行する。

③以下のファイルができる。※たくさんテンポラリファイルができてしまうのはご愛敬・・・
・【ALL_Wanted】・・・全wantedを1つのファイルにまとめたWanted List
【ALL_Wanted】ファイルの例
ALL_Wanted_sample.jpg

・【AJA_Wanted】・・・市郡区のみに絞り込んだWanted List
【AJA_Wanted】ファイルの例
AJA_Wanted_sample.jpg

・【chouson_Wanted】・・・町村のみに絞り込んだWanted List
【chouson_Wanted】ファイルの例
chouson_Wanted_sample.jpg

・このほか,各バンド毎に絞ったWanted Listが【ALL_xxxMHz】,【AJA_xxxMHz】,【chouson_xxxMHz】と出力される。
【AJA_7MHz】の例
AJA_7MHz.jpg

万々一,試してみたいという方いらっしゃいましたら(まずいないと思うけど・・・(笑)),メール,Blogコメント,FaceBookのメッセンジャー,SatelliteNow!などにコメントいただければ電子メールで送付します。気づかなかったら,再度連絡いただければ・・・