JM1LRAのウェブリブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年 6m&Downコンテスト

<<   作成日時 : 2012/07/09 07:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

今回の6m and Downコンテストは自宅から参加した。
いつもはロケのいいところに移動しての参加であるが、今回は関東平野のど真ん中、平地からの参加です。
いわゆるVUHF帯には条件のよろしくないところからです。
※最近、モチベーションが下がっているので、移動での参加は止めました。

開始時間の21時になってもリグの前に座らず、50分も過ぎてからの参加です。
まずはスタートダッシュが重要な1200MHzから。
最初の40分間だけ1200MHzにでて、あとは聞きませんでした。
あとから考えれば、日曜日参加という局を狙って、時間を割くべきでした。
結果は28Q/8M。

続いて144MHzへ。
作戦なんてものは全くありません。
経験と勘だけでバンドチェンジします。
この時間は電信だけさっと聞いて、430MHz→50MHzとQSYしました。
2m/SSBの経験からは、夜更けはあまりいないだろうとの読みからです。
※経験というより偏見かもしれませんが、2m/phは日中のrunが得策と考えた。

日付も変わろうかという時間に6mへ。
非常に賑やか。
普段もこれくらい賑わってほしいなと思うのは、
かつて6mが入門バンドと言われた時代に無線を始めたオヤジの感傷である。
この時間に西側が少し開けた。スキャッターだと思われるが、少し驚いた。
丹念に聴けば、もっと稼げたかもしれない。

寝る前に2m、430を聴いて02時半ごろ寝た。
目覚まし時計は4時と4時半にセット。
明け方の6mのGWの伸びに期待して・・・zzz

明けて(日付はとっくに明けているのだが)、とっくにお天道様が昇ってる時間に起床
おぃ、GW狙いはどうした?というくらいの時間。恥ずかしくて7時に起きたなんて言えません。

少しだけ6mを聴いて、2m/SSBへ。
思ったほどQは延びませんでしたが、終わってみれば今回のコンテストのレートでした。
この時点では、430/FMという切り札も残してます。
ということで9時から430/FMへ。
平地ということもあり、山のようには呼ばれませんね。

今回はボイスメモリやCWメモリとメモリ系を多用しました。
始めてrunしながらのS&Pを試みました。
コンテスタはとっくの昔からやってることですが、これを習熟しない限り上位は無理でしょう。
2つ聴き分けるのって訓練が必要ですね。
さらに同時2波送信は厳禁なので、細心の注意とタイミングに気を使います。
S&P側をコールするときは、メモリ送信OFF。
この時間にチャネル乗っ取られないか不安になります。危惧で済みましたが・・・

お昼前にようやくこの時期の6mらしくEs(?)がでて、3エリア以西のマルチが稼げました。
北は全く駄目。どのバンドも福島が限界。せめて宮城くらいは取りたかった。
マルチ宝庫の北海道もゼロでした。

6mのコンディションもお昼には落ちて、あとはrunで局数稼ぎに注力しました。
平地ではたかが知れてて、むなしい空ぶりCQが多かったように感じました。
10mそこそこのGPだもんなぁ・・・

15時のタイムアップ。
今年の6m and Downコンテストは終了しました。
終わってみれば、かろうじて昨年の「パートタイム山から参加」を超えることはできました。

コンテスト中、交信していただいた皆さん、ありがとうございました。

【追記】
そうそう書き忘れた。
交信後は必ずIDを入れるようにしてください。
コンテスタや移動の”達人”は必ずIDを入れるのですが、
(敢えて申しますと)6mの移動メインの方たちを聴くと
IDを入れるタイミングが悪いのかなかなかIDが判りません。
コンテストは時間というファクタもあります(VHFのコンディションも時間勝負なところはありますが)ので、
呼ばれるだけ呼ばしてパイルが収まった時にIDを出すスタイルは避けてほしいと思います。
パイルなのでIDを確認したらDUPEだったというのは、かなりガッカリします。
(周波数を覚えておけ!と言われそうですが・・・)
大多数はマメにIDを入れているのですが、極々一部になかなかIDが出ないという場面がありました。

CWでは交信の終わりは「TU」でなく「TU de J○1×□× TEST」で終わらせることを強く勧めます。
もっというと、普段の移動SVCも「TU」で終わるのでなく「TU de J○1×□×/△ k」スタイルで終わらせましょう。
コンテストLOGを使ってるとマクロ送信なので、あまり心配はないけど、移動SVCは手打ちなことが多い???
また、電話では交信の終了時は「QRZ?」だけでなく、「QRZ? こちらはJ○1×□× コンテスト」で終わらせましょう。

この類の話は5,6年前のサテライト通信の時に強く勧めていた交信スタイルです。
低軌道サテライト通信は、もっとも時間勝負的な色の濃い分野のためです。

WANTED

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした〜。
6mでQSOできなかったのは残念ですが…。
13時頃に一瞬、8が開きましたが弱かったです。
またよろしくお願いします。
JN1BBO
2012/07/09 07:56
JN1BBO局>
お疲れさまでした。
あれー?6mできてなかったか・・・
夜中、6mでコールしていたのを聴きましたが、未交信とは残念です。
午後は北方面タイムでしたか。2mとか430のphでrun中だったかも。その合間に6mをS&Pしてたんだけどなぁ。修行が足りません。Hi
JM1LRA
2012/07/09 08:39
430だけでしたね。
思わず『山に行かなかったんですかぁ?』って訊いてしまいました。(^^;)

知ってたクセに..(笑い)
kuromiya
2012/07/09 21:58
今回はQSOできず残念でした。
確かにPhoneの中心の方は自分がパイルになっていることを知って「さらにどーぞー」で終わられて、なかなかIDが取れない事が、私もありました。
私も、強い局の裏に、弱い局がいる時には、できればピックアップしたいので、「もう一局さんどーぞ」というのがありました、、、
あと、DUPも多すぎ、3分前にQSOしたばかりなのに呼んできたり、同じ局に4回も呼んでもらいました。
説明するのが面倒なので、何食わぬ顔してQSOしましたが、早く終わらせたかったので、そっけなかったかもwww。
JH7UJI
2012/07/10 00:02
kuromiyaさん>
ははは。今年は色々ありまして・・・FDも今から欠席表明しております。
あれ?内緒だったか???爆
JM1LRA
2012/07/10 22:49
JH7UJI局>
ホント、残念無念です・・・
いえ、IDアナウンスについては、わかっているのか否かで大きな違いがあると思います。
PCによるリアルタイムLOGだと瞬時にDUPEが判るので昔に比べればだいぶ減りましたよね。
流石に最近は3回以上のDUPEはないなぁ。
コンテストなので終了がドライになるのは仕方ないし、むしろそっちの方がありがたかったりします。笑
JM1LRA
2012/07/10 22:56
QSO TNX(^−^)
QPJ
2012/07/11 20:51
QPJ局>
こちらこそ m(__)m
JM1LRA
2012/07/11 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
免許情報楽ちん検索
© JHØMGJ
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Google
2012年 6m&Downコンテスト JM1LRAのウェブリブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる