JM1LRAのウェブリブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS CQ SSTV USB VX

<<   作成日時 : 2008/04/07 20:58   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先週末にCQ SSTV USB VXが届いた。
画像

ウィークデーは余力が無いので取説を読んだり、
ドライバやS/Wをインストール、設定を行った。
いよいよ動作確認。
ほとんどのS/WはJE3HHT局作のMMシリーズである。
今回の目玉はなんと言ってもUSB利用のI/Fであること!
シリアルポートを実装しないノートPCが増えてる現在
USBによるI/Fは素晴らしいものである。
通常、PTT(Push To Talk)はシリアルポートを利用するのであるが、
これもS/Wで実現してしまうのだ。
しかも、3台の無線機を接続することができる。
これまでAFSKによるRTTYでQRVしていたが、
このI/Fを使うことでRTTYモードで運用できる。

日曜日の7MHzは結構PSKやSSTVなどディジタルモードで
運用しているのを聴くことができる。
PSKやSSTVの受信もできた。
残念ながらRTTYの運用局は居なく受信動作の確認はできなかった。
JARTSのロールコールも臨時休業であった。

そこで、サテライタの皆さんに交信をお願いした。TNX to VPV,UED,WLV
最初は送信が符号になってないらしく
RTTY信号がおかしいとのこと・・・
PTTのリレーがカチャカチャ言っている・・・
CWで言うフルブレークインみたいな動作である。
RTTYモードで行うのがはじめてで
どんな動作するのかわからなかった(レベル低い!!>Me)が、
「PTTはそんな動きはしないよ」とのこと
結局、PTT制御用S/Wの設定が悪かったのである!!!

設定をしなおして、
「RYRYRYRYRYRYRY」と送信してみると
おぉー!動いてる動いてる。
早速、お手伝いしていただいた方と無事、交信。
VPV局とは430MHzでのモード初交信成立。

週末の14MHzは極東ロシアを中心に
「ピロピロ」が良く聞こえる。
LW+ATUな設備であるとこの辺が妥当なのかもしれない。
チャレンジしたいと思う。
また、RTTY=DX QSOという式が成り立っているが、
国内RTTYももうちょっと活性化すれば良いなと思っている。

あれ?
I/Fの名称は「CQ SSTV USB」だ。
このI/F開発者たちは50MHzでアクティブみたいである。
お礼も兼ねて是非交信したいものである。

WANTED

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相互リンク 募集カウンター
免許情報楽ちん検索
© JHØMGJ
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Google
CQ SSTV USB VX JM1LRAのウェブリブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる